2016年4月2日土曜日

ちご石/神籠石/楯(奈良県桜井市)

所在地:奈良県桜井市忍坂

忍坂坐生根神社から南に歩いて5分。
忍坂地区は史跡地図や案内が充実していて、迷うことはないだろう。



ちご石

ちご石

神武天皇が東征の時に楯とした大石がこれであり、「楯の奥」の地名が残る。

神籠石(じんごいし)がなまって「ちご石」になったという説明だが、逆はありえないのだろうか?
神籠石、じんごいしという名前は、神籠石論争の産物を思わせるが・・・
地名に基づけば、楯という古称も捨てがたい。

「聖域をあらわすモニュメント」という説は、明日香村の立石と同じ論理をあてはめたのだと思う。


0 件のコメント:

コメントを投稿