2016年12月17日土曜日

渭伊神社境内遺跡(静岡県浜松市)

所在地



静岡県浜松市北区引佐町井伊谷字天白

出典

辰巳和弘・編 『天白磐座遺跡』(引佐町の古墳文化5) 引佐町教育委員会 1992年
辰巳和弘 『シリーズ「遺跡を学ぶ」033 聖なる水の祀りと古代王権・天白磐座遺跡』 新泉社 2006年
藤本浩一  『磐座紀行』 向陽書房 1982年

渭伊神社境内遺跡

いわゆる「天白磐座遺跡」に対しての警鐘 


渭伊神社の背後に薬師山(標高41.75m)があり、頂上に多数の岩塊が露頭している。
これが渭伊神社境内遺跡である。
山頂の露岩群を中心に、古墳時代から鎌倉時代前期まで連続した祭祀遺物・祭祀関係遺物が出土した。

遺跡発見者であり、発掘調査を主導した辰巳和弘氏が「天白磐座遺跡」と命名した。
一般にはこの名前が知られる遺跡だが、史跡登録時の正式名称は、渭伊神社境内遺跡である。

遺跡発見より遡ること約10年前、『磐座紀行』著者の藤本浩一氏が当地を訪れ、同書にて磐座の例として紹介した。
現地には同書に影響を受けたと思われる説明板も立てられている。
このことから、氏の紹介以降、当地が「磐座」と呼ばれるようになったようである。

元々、地元ではここは「おがみ所」という名前で呼ばれていたという。

以上の経緯から、当地は旧来から「磐座」と呼ばれていたというわけではないことに注意を払いたい。
文字記録がなくまだはっきりしたことがわからない古墳時代の遺跡に対して、容易に「神の御座所」という意味合いを持つ「磐座」という語を当てはめて良いとは私は思わない。

当遺跡の古墳時代の遺物の出土状況から、特定の岩(報告書中で「岩A」と称されている)をまつった様子は推定できるが、それがすなわち「磐座」とは即断できない。「石神」など他の可能性も否定できないからだ。
このような現状で、「磐座」という限定的な意味を持つ名称を付することには慎重でありたい。

地元で真に伝承されてきた「磐座」であればいいものの、今回のように、外部の人間が持ちこんだ外来語としての「磐座」がないまぜになって、後世に勘違いが起こることを防ぐのは私たちの役目であると思う。

露岩群の岩の割れ目より平安~鎌倉時代の経筒外容器が出土していることから、中世に当遺跡は経塚として機能していたことが明らかになっている。
ということは、当遺跡は、年代によってさまざまな性格・役割を持つ複合遺跡であると言える。

であるならば、当遺跡の名称は古墳時代に偏重し中世の経塚を切り捨てる「天白磐座遺跡」ではなく、史跡の正式名称であり、あえて言うなら「現代」の状態を忠実に示す「渭伊神社境内遺跡」の名称を私は使用したい。

本例から、「磐座」の用語濫用で本来の歴史を改変してしまう諸問題が全国各地で起こっていることに、せめて読者の方は関心を持っていただければ嬉しい。

なお、この露岩群から西斜面に下ると、神宮寺川の崖沿いに「鳴岩」と呼ばれる巨岩が存在する。

0 件のコメント:

コメントを投稿