ラベル 愛知県 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 愛知県 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2018年3月23日金曜日

七所社の不生石・日本武尊腰掛岩(愛知県名古屋市中村区)


愛知県名古屋市中村区岩塚町字上小路7番地

 応永32年(1425年)、熱田七社を勧請したことから七所社と呼ばれる。しかし、それ以前から神祠がまつられていたと伝えられ、『延喜式神名帳』に記載された御田神社の論社でもある。一般的には尾張三大奇祭の一つである「きねこさ祭」で有名な神社である。

 境内に奈良時代初期の築造と推定される3基の古墳が存在し、地名の「岩塚」はここから由来するとされる。

 天保14年(1843年)完成の『尾張志』の記述によると、塚の一つに縦4尺(約120cm)横3尺(約90cm)の岩が立っていて、これを不生石と呼んだという。
 ただし大正12年(1923年)に描かれた七所社境内図には既に不生石の記載はなく、代わりに「コシカケ石」という岩石が塚の前に描かれている。
 これは現在「日本武尊腰掛岩」として現存しており、日本武尊が東国平定から帰還の際、渡し舟が来るまでのあいだ腰掛けた岩石と伝えられている。
 腰掛岩は縦横寸法もおおよそ120×90cmであるため、不生石は日本武尊腰掛岩と同一物だった可能性があるが、確定には至らない。

nanasyo2
日本武尊腰掛岩

出典

坂重吉 「七所社に遺存の古石に就いて」 『尾張の遺跡と遺物』第42号 名古屋郷土研究会 1942年 (愛知県郷土資料刊行会 『尾張の遺跡と遺物』下巻 1982年版を参考とした)

2016年12月13日火曜日

高座山(愛知県春日井市)

所在地




愛知県春日井市高座町

出典

高蔵寺町 『高蔵寺町誌』 東春日井郡高蔵寺町役場 1932年(ブックショップ「マイタウン」 1988年復刻版)

高蔵神社合成

高座山

情報

・標高194m。山頂付近に高蔵神社が鎮座し、社祠の背後に岩盤の露頭が認められる。

・高蔵神社は熱田神宮の奥ノ院と伝承され、熱田神宮付近と同じあるいは似通った地名が高座山周辺に残るという。

・高座結御子神社(名古屋市熱田区高蔵町)は、元来高座山に鎮座していたのが『延喜式神名帳』編纂以前に熱田に遷座したという話もあるが実際は不明である。

・本事例に関して、次の興味深い情報がある。
「名古屋権現坊古文書に曰く、昔シ熱田ノ蓬ゲ原即チ島山ノ時海シヨウノ上ル時ハ熱田神宮御神体ヲ高蔵神社(○この高蔵神社は熱田の高蔵神社ならん。)ノ裏ニアル大磐石ニ御移シ給ヒシト之レヲ高御座ト称セリ。 註 本村高蔵社の裏亦大磐石存せり。」
(高蔵寺町『高蔵寺町誌』1932年。旧字体は新字体に直した)

2016年12月9日金曜日

新溝神社(愛知県岩倉市)

所在地




愛知県岩倉市本町宮西

出典

岩倉町史編纂委員会 「新溝古墳」「岩倉と磐座」「新溝神社」 『岩倉町史』 岩倉町 1955年
浅野平雄 『磐座』 岩倉史談会 1978年
中根洋治 「岩倉市」 『愛知発巨石信仰』 愛知磐座研究会 2002年

概要

新溝古墳という円墳の上に建てられている神社。

円墳上には古くから岩石群があったといい、大正初年に社殿を改築した際に岩石群を動かし、一部を拝石としてまつり、一部を石段の台石などに利用したという。

岩倉市の地名の由来になった「いわくら」とされている。


2016年12月5日月曜日

真清田神社の神体石と覚王山日泰寺の真清田弘法

所在地


真清田神社・・・愛知県一宮市真清田1丁目2-1
真清田弘法・・・愛知県名古屋市千種区法王町1丁目1 覚王山日泰寺境内

出典

遠山正雄 「尾張地方のイハクラに就いて」 『愛知教育』第551号 1933年
遠山正雄 「愛知県一ノ宮国幣中社真清田神社本殿の後方にありしもの」 『皇学』第3巻第3号 1935年
森徳一郎「郷土史談(三二) 真清田神宝流出記(5) 十六 龍神石」『一宮市公報』No.180~No.181 1935年
森徳一郎  『真清田神社江戸時代の神宝と流出』 (一宮史談会叢書8) 一宮史談会 1964年
真清田神社史編纂委員会編  『真清田神社史』 『同資料編』 1995年
真清田神社造営奉賛会編・発行 『真清田神社復興造営誌』 1969年
小池昭 『民俗・習俗を科学する―カミ・神・神社とその周辺―』(小池昭著作集 一) 2000年
山口恵三 『尾張一の宮私考―真清田神社七不思議―』(一宮史談会叢書21) 一宮史談会 1995年
チェリーさん・酔石亭主さん・管理人MURYによる当サイト掲示板への投稿 (2013年9月12日~2014年5月8日)
現地看板